メル友を作れる!人気サイト一覧



【オススメポイント】
地域別検索、サイト専用メール、チャット機能などなど
出会いに効果的な機能が満載の人気のサイト!管理人イチオシです♪




【オススメポイント】
会員登録数№1の超人気サイト!会員が多いから出会いやすい☆
エントリーもカンタンなので初めての方にも安心の優良メル友サイト。




【オススメポイント】
オープン制で招待がなくてもすぐに使えるから安心♪
本気で恋愛したい男女がだけが登録できるので冷やかしはありません!




【オススメポイント】
すべての機能が使いたい放題の無料サイト!
占いやゲーム機能もあるので返事待ちの間も退屈させません☆




【オススメポイント】
女性会員数がなんと驚愕の58%と業界でもトップクラスのサイト♪
特に20代~30代の会員が多いのが特徴の人気メル友サイトです!!


最新情報

2014年6月11日
メル友攻略法
メル友に求める事
パソコンや携帯電話があれば、いつでもどこでもやり取りができるメル友。その手軽さから、近年では様々な年代の人たちがインターネット上でメル友探しをしていますね。 特に二十代の女性はこうしたメル友との関係に強く依存する傾向が高・・・
2014年6月8日
メル友作り講座
若いメル友
近年ではインターネットで様々な情報を交換することが当たり前となり、携帯やパソコンも当たり前のように普及しています。昔は高校生くらいでないと当たり前にはならなかった携帯電話も、最近では小中学生から所持するケースが増えてきま・・・
2014年6月6日
その他記事
メル友の選び方
メル友との関係をキープしたければ、もちろんメール交換が楽しいことが 一番です。 メル友でぴったり合う相手を見つけるにはどのようにすればいいのでしょう。 最初にファーストメールを送信するため、相手の自己紹介や一言メッセージ・・・
2014年6月5日
その他記事
メールで繋がる
メル友といえば、十代や二十代の世代を中心に注目されているというイメージを持っている人は多いと思います。しかし、最近は決してその世代だけが注目しているというわけではありません。実は専業主婦をしている方や育児中の方が、ママ友・・・
2014年6月3日
その他記事
出会いの場のメル友募集
若い世代の間で人気のある、メル友探し。十代の頃は気軽にメールでやりとりができる友達を求める人が多いですが、二十代、三十代となると次第に趣旨は変わってきます。この年代になると、友達よりも恋人としての出会いを求める人が多くな・・・

メル友に求める事

パソコンや携帯電話があれば、いつでもどこでもやり取りができるメル友。その手軽さから、近年では様々な年代の人たちがインターネット上でメル友探しをしていますね。
特に二十代の女性はこうしたメル友との関係に強く依存する傾向が高いと言われています。二十代になると、十代とは違って就職などでどんどん社会に出ていくようになります。そのため、大人としての新しい悩みに直面することも多くなるわけです。こうした悩みを気軽に相談したり分かち合うために、メル友との深い関係を求める人が多いと言えるでしょう。
また、二十代の女性は他の年代の女性たちと比べるとメル友の相手に男性を求める傾向が強いとも言われています。二十代になると、それまでとは違って徐々に結婚のことなども考えていかなければならなくなってきます。そのため、相手に対する恋愛感情だけでなく、将来のことを真剣に考えた上で男性を選ぶようになる人も少なくありません。そこで男性のメル友とたくさんやり取りをして、どんな男性なら自分と良好な関係を築いていけるのかを模索するようになるわけですね。
メル友を探す場合、やはり同じ年代や自分よりも年下、年上などの条件を細かく指定したいという人は多いと思います。そこで便利なのが年代別にメル友を探せる募集サイトや掲示板です。今は地域別や年代別など、細かく指定してメル友を探したり募集できるサイト・掲示板は少なくありません。そのような機能を使って、効率よく自分の条件に合った相手を探していきましょう。

若いメル友

近年ではインターネットで様々な情報を交換することが当たり前となり、携帯やパソコンも当たり前のように普及しています。昔は高校生くらいでないと当たり前にはならなかった携帯電話も、最近では小中学生から所持するケースが増えてきました。そのため、十代の子達がメル友を募集していることも多くなってきています。
特に中学生くらいにもなると、子供たちは一番多感な時期に入っていきます。そのため、学校や家庭、友人関係などを中心に、様々な悩みを抱きやすくなるわけです。こうした悩みは家族やリアルの友人よりも、顔の見えないメル友の方が話しやすいと考える子は少なくありません。リアルでお互いを知らないからこそ、気兼ねなくなんでも話せる関係をきずけるというわけですね。
こうした理由から、最近では募集掲示板などで十代の子達がメル友を募集するということが多くなってきました。そのため、年代別にメル友探しができるような機能も、多くの募集サイトや掲示板で充実するようになってきています。気軽に悩みを打ち明けられるようなメル友を求めている十代の子達は、自分と同じくらいの相手を募集したいと思う傾向が見られます。このような機能を使えば、効率よく同年代のメル友探しをしていけるでしょう。同じ世代のメル友探しをしているという十代の方々は、このような機能が充実しているサイトを探してみてくださいね。
ただし、最近ではインターネットの普及に伴ってネット上でトラブルや犯罪に巻き込まれてしまうというケースも増えています。そのため、悪質な相手に遭遇してしまったらトラブルや犯罪に巻き込まれてしまう可能性も否めません。そのようなことにならないよう、メル友を作るときは相手を慎重に選ぶことを意識していきましょう。

メル友の選び方

メル友との関係をキープしたければ、もちろんメール交換が楽しいことが
一番です。
メル友でぴったり合う相手を見つけるにはどのようにすればいいのでしょう。
最初にファーストメールを送信するため、相手の自己紹介や一言メッセージを見ますね。
自己紹介の項目はサイトによりますが、少し違うことがありますが、ほぼ同じです。
ハンドルネーム、年齢、身長、体重、居住地域、血液型、星座、職業、趣味、
関心ごと、ルックス、性格等の項目があって、好きなアーティスト、映画等です。
年齢は年代でのギャップがあるので、自分と同じくらいの年のほうが話はしやすいでしょうが、
自分より上で、経験豊富な人が、相談にのってほしい時にはいいかもしれませんね。
同じ趣味、好みの音楽、映画が同じならば、話が盛り上がることも多いでしょう。
ルックスはメールなので関係ないかもしれませんが自己紹介に写メを掲載している人が、メル友が出来やすいということも
多いのです。
顔がわからない匿名性が、メル友の利点でも、どのような人かわかっているほうが親しみが
わきますね。
自己紹介を見る時大事なことはたくさんありますが、参考ぐらいにしてこれといった決めてもないように思います。
直感が一番の決め手かもしれません。
なんとなく気になる、友達になってほしいなと思い、メールのやりとりで相手がわかってくると
気があいそうだと思う。
気のあう相手を見つけるこれといった手段はなく、効率よくは探せませんが、現実社会でも気のあう相手を見つけるのも同じでしょう。

メールで繋がる

メル友といえば、十代や二十代の世代を中心に注目されているというイメージを持っている人は多いと思います。しかし、最近は決してその世代だけが注目しているというわけではありません。実は専業主婦をしている方や育児中の方が、ママ友のメル友を探すケースが増えてきているのです。
育児中で、特に子供が小さい頃はなかなか自由に外に出ることができません。また、ママ友が欲しいけどなかなか同じ年代のママ友と知り合う機会がなかったりすることもあるでしょう。そんな時に便利なのが、ママ友とメル友になることです。
育児でなかなか外に出られなかったとしても、同じ世代のメル友がいれば共通の趣味などで盛り上がることができますね。また、ママ友同士であれば育児で悩んでしまった時でも、気軽に相談し合うことが可能です。子供が同じ年代であれば、リアルで会って遊ばせることもできるでしょう。このように、メル友でママ友を作ることで、様々な面でお互いに助け合ったり協力し合うことができるようになるわけですね。
ちなみに、ママ友のメル友を探しているのは、必ずしも若い世代のお母さんたちだけじゃないといいます。中には四十代や五十代くらいの人も存在するのだとか。このくらいの年代になると子供もある程度大きくなって、自分の時間を持てるようになります。そのため、その時間を趣味などに費やそうと、同年代で気の合うメル友を探す人が少なくないようですよ。
リアルでママ友を作る機会がない…というのであれば、メル友で気の合うママ友を探してみてはいかがでしょうか?

出会いの場のメル友募集

若い世代の間で人気のある、メル友探し。十代の頃は気軽にメールでやりとりができる友達を求める人が多いですが、二十代、三十代となると次第に趣旨は変わってきます。この年代になると、友達よりも恋人としての出会いを求める人が多くなってくるようです。
初対面で直接相手に会うとなると、なかなか緊張したり話題がなかったりで関係が微妙になりがちです。しかし、メル友であればそのような心配はありません。相手を慎重に観察しながら少しずつ距離を縮めていけるので、お互いを理解しやすいわけですね。そのため、親しくなってから直接会ったとしても、気まずくなってしまうことがないのです。ゆくゆくお付き合いをすることを考えた場合、このようなメル友の関係は非常に適していると言えるでしょう。
しかし、出会いを求めてメル友を探しているという人は、注意しなければならないことがあります。自分が出会いを求めていても、同じ世代の全員がそうとは限りません。中には、純粋に友人関係を求めてメル友募集をしている人もいるわけです。そのような相手に出会い目的で接触するのは、自分の印象を悪くするだけです。相手の募集内容などをちゃんと読んで、出会い目的でない相手には注意するようにしてください。
また、出会いを求めてメル友を募集したいという場合には、しっかり募集記事にその旨を書いておくようにしましょう。きちんと書いておかなければ、友人関係を求める人がコンタクトをとってきてしまいかねません。そうなればお互いに気まずいことになりますから、気をつけてくださいね。

読みやすいメール

ノートならば、文字が綺麗か、汚いけれど、読みやすいかが基準になって、
文字が汚なければ、人に貸す時、ノートは見やすいよう出来る限り綺麗な文字で
書こうとしますね。
メル友では言葉は入力だけなので、綺麗、汚いはないので、意識しないでしょうが、
読みやすい、読みにくいメールというのがあります。
たとえば、長文で改行もあまりないメールはすごく読みづらいですね。
改行を何度もするのと、行間をあけるとメールが見やすくなります。
標準は1業は30~40文字ぐらいで、3~5行で行間を入れると見やすいようです。
(PCの画面の場合であって、携帯とは異なります。特にPCから携帯に送信する時は
気をつけてください)
また半角カナをたくさん使うと読みづらくなりますね。
中身は長い文でだらだら書くより、簡単にまとめ、メールの中身がひと目でわかる
タイトルをつけましょう。
でも短文すぎるのは愛想もなく気分が悪いのかと思われることもあります。
誤字や脱字が多いメールも読みづらいですね。
早く返信したいと思う気持ちもわかりますが、
メールを書いた後、必ずメールを読みなおしてみましょう。
漢字の変換間違いは結構多いので注意です。
どんなにメールの中身が面白くても、いつもメールが読みにくいと読むのもおっくうになります。
まず読みやすいメールを書くように工夫しましょう。
ちょっと心がけるだけでまったく印象が変わってきます。

自己完結メールはダメ

メル友にすることでダメなことは何点かありますが、その中でも自己完結メールは
送信されても全然楽しくありませんね。
もちろんファーストメールで自己紹介ばかりして相手のことに興味も表さないのも
だめですが、ファーストメールがラッキーで返事があったとして、そのごも
自分中心のことばかりで主張が続き、自分のことでメールが終わってしまう
メールは受信側は、何を返事すればいいのか返事しにくくなります。
たとえば、
「暇~」と主張されても、相手は暇だったら即返事してあげようとは
思いません。
かえって、それなら自分は時間つぶし?と気分も悪くなり
暇だと何度も言われると退屈な人というイメージになります。
自分で陶酔しているような詩的なメールも嫌がられます。
本人は気持ちをこめて書いて、真面目なつもりでも、すごく盛り上がりすぎたり
正義をアピールしている自分に陶酔したりしてないでしょうか?
「深夜に書くラブレターは朝に読みなおすべし」という言葉もあります。
夜に書く文は自己陶酔しがちなのでメールを送信する前に絶対に見直してください。
メールは言葉だけのコミュニケーションのため、「言葉のキャッチボール」が大事になります。
メールはダイアリーとは違うので自分のことばかりではなく、相手のことも聞くこと、
相手のメールの中身に返信することが大事です。
自己完結メールではメル友とは長続きしません。

メル友との交流に

近年、若い世代で人気のメル友探しですが、すっかりネットが普及している今日では、メル友探しに興味を持つのは若い世代ばかりではありません。定年退職を迎えた、あるいは子供がすっかり大きくなったなど、自由な時間が増えたというご年配の方は少なくありません。そんな方々が同じ世代の人たちと共通の趣味や他愛ない話を楽しみたい…ということで、メル友を探すケースも少なくないようです。
でも、同年代のメル友を作るには、どうすれば…と悩んでいる人もいらっしゃると思います。そこでおすすめしたいのが、メル友募集ができるサイトや掲示板を活用することです。このような掲示板やサイトでは、たいていの場合年代別に相手の募集・検索を行うことができます。そのため、自分の年代と同じくらいのメル友を探すには非常に便利です。
募集する場合は自分の趣味についてをしっかりと記入して、年代別に募集をかければOK。反対に、募集している記事を探すなら年代別や趣味別で検索して探せば気が合いそうな相手を見つけることができるでしょう。
また、中には特に趣味がなかったり時間を持て余していたりして、新しく自分が興味を持てるような趣味を探しているという人もいると思います。そんな場合は、興味のある趣味を持った相手を探して、相手に興味があることを伝えてみましょう。相手はきっと喜んで、その趣味について色々と話したりしてくれると思いますよ。
このように、メル友はどんな世代にとっても非常に嬉しい存在であることがわかります。メールから始めて徐々に仲良くなったら、実際に会って一緒に趣味を満喫するというのも面白いのではないでしょうか。

写メを交換のタイミング

メル友を定義すると、会ったことも名も知らない人とメールのやりとりをする友達ですが、
昨今、携帯電話の写メで写真を交換するメル友も増加しているようです。
匿名性がメル友のいい所でもあるのですが、顔が分かっていると親しみも出てきますし、安心も出来るので
写メを交換する利点もありますね。
写メを交換する時期ですが、メル友の募集のサイトの自己紹介には写真を掲載する箇所があって
そこに掲載している人もいます。
メル友をスタートする前からわかっている場合もあるのです。
実際に自己紹介に写真を載せている人のほうがメールが多く送信されるというデータもあります。
これも安心できるという部分があると思うのですが、掲載しているほうは写真を別に流用されないよう
絶対に画像に「自己紹介用」「ハンドルネーム」を文字入力すると悪用されるのを避けられます。
メール交換してから写メを交換する時期ですが
直アドを交換した後がいいのではないでしょうか?
お互いに信頼感を持っていますし、相当時間がたってからだとなんとなく顔を想像してしまうので
イメージが固定される前のほうがいいですね。
でも、あくまでも写メの交換は強制的ではないので、写メの交換をしたくない人は
無理やりしなくてもよいのです。
お互いに写メの交換を希望して、どんな人だろうと関心があれば
写メを交換するのもワクワクして楽しいでしょう。
写メの交換のタイミングは信頼感を持ててからにしてください。

メル友を各地に作ろう

最近は、各都道府県でご当地キャラクターが考えられるようになってきています。こうしたご当地キャラクターによるご当地グッズにも色々なものがあり、旅行に行った時のお土産などにすると大変人気がありますね。中には、このようなご当地グッズをコレクションしているという人もいらっしゃると思います。
しかし、これを一人でコレクションしていくというのはなかなか大変なことでしょう。旅行に行くにしてもお金と時間に余裕があるときでないといけません。また、ご当地グッズには興味があるけど、なかなか旅行にいく機会がないという人も少なくないと思います。
そんな人たちのためにご当地グッズの通販サイトが存在しますが、これだけでは手に入らないものもあるかもしれません。オークションという手もありますが、本来の値段よりも高くなってしまうこともあるでしょう。そもそも、このようなネット上での購入となると、送料や手数料がかかってきてしまう可能性もあります。
そこでオススメなのが、同じご当地グッズが好きなメル友を作って、お互いにお互いの近くの都道府県のグッズを交換したりプレゼントし合ったりすることです。自分がなかなかいけない地域を指定してメル友を募集するわけです。こうすればお互いにお互いのほしいものを贈り合いながら交流も深めていけますね。ゆくゆくは一緒にご当地キャラグッズを求めて旅行したりもできるでしょう。
このように、ご当地グッズが好きな人同士で地域別のメル友を探してみるのもなかなか面白いものです。興味がある人は、募集してみてはいかがですか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ